*All archives* |  *Admin*

2006/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カットソー&パンツ
DSCN1608.jpg

カットソー 布 :RickRack カルピスドット【クレイ】
      パターン:Lavable フライスカットソーを半袖にアレンジ
パンツ  布 :CHECK&STRIPE 綿麻ダンガリー
     パターン:ORIKA ママ用あきなしパンツ Cタイプ

連休前に作ったものです。
ちょっとやる気出ないのです・・リハビリが必要かもしんないなぁ。
土日に近場へキャンプに行ったのですが、その時着て行きました。
特になんのヒネリもなく・・

私は雨女なので、キャンプもよく「どしゃぶりのなか撤収!」パターン多かったのだけど、今回はギリギリ雷雨をまぬがれました。
セーフ・・
大人10人・こども8人で行ったのですが、男性は○○家のご主人とイチの2名のみ(笑)
女度高すぎです。
テントの設営、撤収はバッチリなママたちです。
いつものメンバーなので、気兼ねなくスムーズなキャンプでした~

月曜日、3連休ラストは庭仕事をしようと思っていたのに雷雨の不安定なお天気・・
それでも意地で合い間を縫って、スコップで土を掘り掘り(汗)
肩と背中が筋肉痛!
力仕事はキライです・・

続きを読む

スポンサーサイト
まだまだ庭!
・・先日の記事では、とっちらかってしまってすみませんでした。
よほど削除しようかな、とも思ったけれど、こういう私も私なので・・
だいぶ冷静になり、ミシンは進んでないのだけど、庭でバラががんがん咲いているのでまたバラをup~

DSCN1581.jpg

歴史をゆるがすのは私。<レオナルドダヴィンチ>


DSCN1582.jpg

顔を近づけてよく見てくれたまえ。<レオナルドダヴィンチ>


DSCN1583.jpg

まっすぐにあなたのもとへ。<オクタビアヒル>


DSCN1584.jpg

こんな私も私なの。<オクタビアヒル>


DSCN1586.jpg

駆け上がる夏の雪。<CLサマースノー>


DSCN1589.jpg

降り積もれ夏の雪たち。<CLサマースノー>


DSCN1588.jpg

夜明けに私の頬はピンクに染まる。<ニュードーン>


レオナルド様、目を惹いて素敵すぎです。
ただつるバラっぽくなると聞いていたのに、うちのはこぢんまりしてます・・
今年はシュート出てくれるかなぁ。
オクタビアは、咲き進むとぐわ~っと開きすぎちゃいます。
そのままにしておくと、ちょっとあんまりなお花に(汗)
でも房咲きでボリュームあります。
サマースノーは去年買って、まる1年でけっこう伸びました。
この調子だと来年にはアーチのかなり上のほうまでいくかも~
・・ただちょっと失敗だったのが、隣に植えてあるバイカウツギも真っ白な花で(全体画像の右端にちょっと写ってる)、咲く時期もまったく同時、花の大きさもほぼ同じでお互いの良さを殺しあっているような感じです。
サマースノーの隣に紫系のバラを置こうかな。
ファイルヘンブラウか、ヴァイオレットだな・・
ニュードーンは1番最初に買ったバラ。
とにかく丈夫で伸びる、と聞いていたけどホントすごい伸びる。
困るくらい伸びる。
花はかわいらしいピンクなんだけど、花持ちはあまり良くなくて気温が高いとすぐ開きすぎて散ってしまう。
もっとみっしりと咲けばいいのだけど、うちのは枝と葉ばかりであまり花数が多くないのよね・・
手入れが悪いのかしら。

昨日は近郊のガーデニングショップへ足を伸ばし、アイアンのベンチ付きアーチをゲットしてきました。
ホントはガゼボにしようと思っていたのだけど、正太郎さんが「大きすぎるんじゃない~??」と・・
やっぱり?とも思ったので、小ぶりなこちらにしました。
もっとゆっくり見たかったけど、小雨だし時間も遅いしで買うだけ買ってササ~っと退散。残念・・
近々組み立ててもらいましょう。
っとその前に設置する場所を作らねば。土方仕事ですな。
イメージ通りに出来るかなぁ。
命って・・
ブログ開設1周年に関連して、みなさんからたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。
お返事が遅くなってしまってすみません。
かならずお返事するのでもうすこし時間ください。

前にもちらっと話題にしたことがあった、私がお世話しているインコちゃん・・
何羽かいるので、前回の子ではないのだけど、ひと月前からどうしても大きくなれないヒナちゃんがいて。
食欲はあって、消化もしているけれど、栄養分が吸収されていかないの。
他のヒナちゃんの1/4くらいの体重しかなくて・・
自分の足をかじって傷つけてしまったりもして、長生きできない子なのは分かっていて、それでもゴハンを食べる元気があるうちは私もお世話を頑張ろうとしていたのだけど・・
この週末にいよいよ状況が悪化して、今夜か明日の朝までか、という感じで。
いくら覚悟していても、いざそうなると、この子を見ると涙しか出てこない。
足に力が入らず、倒れてはもがいて立ち上がろうとして、という姿を見ると、早く楽にしてやりたい、という気持ちもわいてくる。
せめて最期、看取ってあげたいと思って空いている時間はすべて、この子を手に抱いてやることに費やしてました。
昨日はもうとても持ちそうにありませんでした。
すでに立つことは出来ず、もがいているだけ・・
最後にゴハンをたくさん食べさせてやろうと挿し餌を与えると、コクンコクンと飲み込みます。
そうしてしばらく手に抱いていると・・
再び立ち上がったんです。
ゴハンをあげる前は、身体にも力がまるでなく、もう虫の息と思われたのに・・
そして2本足で立って朝を迎え、いまもまだ頑張っているんです。

何が何でも立ち上がろうとする、この意地とプライド!
身体にある全エネルギーをふりしぼって、この子はまだここにいます。
私は涙もいっぱい流したけれど(いまもまだ泣いているけれど)、この子にいっぱい考えさせられた。
死に向かうものに対して自分はどうしたらいいのか、いっぱいいっぱい悩みました。
こんなちっちゃな命だけど、私にとってはとっても大きな命です。

いま世間では、命を奪い奪われる事件がたくさんあるけれど、みんなに知ってほしいです。
どんなにちいさな命でも、死にゆくものを看取ることがどんなにつらくて悲しいことか。
自分はその死にたいしてどう考えるのか、どう行動するのか。
死を感じることは、死んだ人のお葬式にでることじゃない。
死にゆくもののそばにいて共に過ごすことです。
そのあいだには、絶対に何か思うはずです。
命ってなんなのか、寿命ってなんなのか。
どうして生まれてきたのか、なぜ死ぬのか。
みんなにちゃんと命を感じてほしいです。

こんな重たい話をするつもりではなかったのだけど・・
私もまだこの子の命にたいして迷いがないといえばウソになる。
半分以上、私の手にゆだねられている命だから・・

そんなこんなで、ミシンにもPCにも落ち着いて向かえないでいます。
ちょっとのんびり更新でいきますね。
こんな記事書いちゃって、かえってみんなに気を使わせちゃうかな。
コメントは特にいいです、PCの向こうで「頑張れ~」と念じていてくださいね。
1年かぁ・・そしてまた庭
七夕さまですね。
北海道ではひと月遅れで行事をおこなうので、あまり実感がないのだけど・・
このブログも、初エントリーから1年がたちました。
このエントリーで202個めの記事かな??
最近はちょっと縫い縫いが進んでないうえに、みなさんのところへもなかなかコメント残せずにいる私ですが、いつもいつもコメントくれるみんな、まだ言葉はかわしたことはないけれど遊びにきてくれている皆さん、本当にありがとう。

プレ企画の準備が思うように進まなくて、予定より遅れているのだけど、かならずやるのでみんな忘れないで(笑)応募してくれるとうれしいな・・なんてずうずうしいことを思っております。

・・またまた庭のバラの画像をup~
DSCN1482.jpg

再び登場、ジャメイン博士。
・・もうすぐ君に会える?<スヴニール・ドゥ・ドクタージャメイン>

DSCN1485.jpg

バラじゃないけど・・
初夏は真っ白なぼうしをかぶろう。<ヤマボウシ>

DSCN1490.jpg

雨粒のネックレスをつけて。きみの煙が待ち遠しい。<スモークツリー>

DSCN1488.jpg

暗号は解けたかな?<レオナルド・ダ・ヴィンチ>

DSCN1492.jpg

フェンスの内側で咲くバラたち。
手前ローズピンク~ダヴィンチ様
奥うすいピンク~モリスくん
白いの~デルフィニウム
一番手前の~アストランティアの赤・・のはず
・・全体像を撮るのって難しい!!
すごいヘナチョコ画像です~~撃沈。精進いたします。
薔薇たち
やっと北海道も薔薇の季節。
昨年はほったらかしで、ポツリポツリとしか咲かなかった我が家のバラたちも、少しずつ咲いてきました。
DSCN1475.jpg

イングリッシュローズの「ウィリアム・モリス」。
3年目でかなりの大株になってきた。
けっこうびよ~んとシュートが伸びます。
花が重いのでどうしてもうつむいてしまう。でも可愛い。
ほんのりアプリコットピンクがめっちゃ好み。
花びらの巻き巻き加減も大好き。

DSCN1478.jpg

こちらは「バフ・ビューティ」。
これもアプリコットピンク、季節や気温によってはアプリコットイエローにも。
昨年植えた場所が仮植えだったので、今年は出来上がったばかりの裏塀にそって植え替えを。
すでにつぼみがついていて、張っていた根を植え替え時に少し傷めてしまったので、ちょっと可哀想なことをしてしまった。
ちゃんとシュート出るかなぁ・・

DSCN1479.jpg

これは「コーネリア」。
もっと咲き進んで、房咲きになれば見ごたえあるだろうなぁ。
窓の下に植えていて、つるが窓を囲むように誘引しています。
うちの家の壁はこげ茶色なので、こういう可愛らしいピンクが映える♪
コーネリアはコガネムシの大好物らしく、花びらにもぐってムシャムシャやられちゃいます・・
けどそれに負けない勢いでたくさん咲いてほしいな。

DSCN1481.jpg

お次は「スヴニール・ドゥ・ドクター・ジャメイン」。
今年買ったばかりの新顔さんです。
画像ではだいぶ赤紫に色が変化してますが、咲き始めは黒みがかった深紅で、それはもうたとえようも無いくらい美しいです。
花持ちもいいほうじゃないかなぁ。
雨にあたっても退色したりせず、美しさを保っています。
今はまだ鉢なので、どこに植えようか思案中。
やっぱり白と合わせるべきかな・・

この他にも、つるサマー・スノー、イエスタディ、ニュードーン、レオナルドダヴィンチ、ロココ、マチルダ、なんかがあります。

庭はまだ発展途上なんだけど、デザインを考えるのがむずかしい。
高さを出したくて、去年はアーチを置いたけど、なんだかまだ物足りなくて。
アイアンガゼボでも置こうかと物色中。
お金かかります(笑)
夏ボーナスが待ち遠しい。
でも自分好みの色合いの庭になっていくのはうれしいもんです。
去年までは「花」に目が行っていた私だけど、今年は「葉」に目が行く。
銅葉や銀葉、明るい黄緑に濃く深い緑、斑入りの葉っぱたちが庭に表情をつけてくれます。
植えっぱなしで、秋には枯れ、春には芽吹いてくれるこれらの宿根草は、手入れがなかなか行き届かない私にとってはとっても有難い存在です。
プロフィール

 こぎく ⇒私

  • Author: こぎく ⇒私
  • 家族: 正太郎さん ⇒夫
         ニコ ⇒長女
         イチ ⇒長男
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。